FC2ブログ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ごきぶり1匹で家出しようかと思った日
2005年09月25日 (日) | 編集 |
3c75cf78.jpg連休中、家にごきぶりが出た!

このマンションに越してから14~15年、
クーラーの掃除に来てもらった方の、
道具箱の中に潜んでいたであろう、
(掃除をして帰ったすぐあとにその部屋で見つけた)
2匹のゴキブリを掃除機で吸い取ってから早5年(くらい)
それ以外ではこの部屋では見たことがない。
どこから入ってきたのかわからないけど、
1匹いたの(;_;)

それを掃除機で吸い取りそこねて、テレビボードの裏に行ってしまった。
うちのテレビボードはでかくて、そしていろいろ詰まっているし、
上にはダンナが集めているクラシックのMDが所狭しと並べてある。
それを私が動かそうとしたから、さー大変。

ダンナが怒って、それに私も怒って、、、

ダンナはボードを動かしてもどこに入っているかわからないから、
出てくるまでほっておけというし、
私はほっておいて数が増えたら取り返しがつかなくなるし、
今、場所がわかっているんだから、わかっているうちになんとかしたいと思うし。

で、とうとう、我が家では珍しく怒鳴り合いをしてしまった(-_-;)

そして、そのあと、殺虫剤を買いに出たのだけど、
そのまま家出しようかと本気で思っちゃいましたわよ、私。

ごきぶり1匹で、ってのもなんですが。


その後、結局見つからなかったのですが、
今日シグマが見つけてくれました(;_;)
いい子だ、シグマ、どうせなら捕まえてくれたらもっと良かったけど。
スポンサーサイト

 『シン・シティ』
2005年09月21日 (水) | 編集 |
5f7e4abe.jpg『シン・シティ』 試写会 一ツ橋ホール ★★★

2005年/アメリカ/上映時間124 分


監督: フランク・ミラー/ロバート・ロドリゲス
クエンティン・タランティーノ(スペシャルゲスト監督)

出演者:ブルース・ウィリス/ミッキー・ローク/クライヴ・オーウェン/ジェシカ・アルバ


“この街は愛さえも、闘い”艶やかに輝く高層ビルの光。朽ち果てた裏通りの闇。犯罪以外は何もない、どこにでもある巨大な街。いつしかそこは“罪の街”シン・シティと呼ばれた。裏切りと憎しみが渦巻くこの世界を己のルールに従って生きる3人の男は、街を支配する権力に脅かされる女達を守るため、命を賭けた闘いに挑む・・・。


3つのオムニバス映画。
途中までそれに気付かず、なんだかわけわからんな?
3つの話、これがどこで繋がるんだろうと考えながら観ていました。
繋がったところはわかりましたが・・・

これは最初に少し内容を把握して観たほうが良かったかも。

白と黒のモノクロ映像の中に、色が載せてある感じ。
内容自体はかなりグロなので、モノクロでよかった。
あれで鮮明な色で表現されたら、気持ち悪くなってしまったかも(-_-;)

この映画ももとはアメコミらしい、
アメコミ映画ファンの私としてはうれしい映画なんだけど。

でも、アメコミらしく、登場人物、人間離れしています、
なんであれだけやられて死なないのだ!


頭を狙わなくちゃダメってことね。

なるほど。

「ファンタスティック・フォー」に出ていた“ジェシカ・アルバ”
この作品でも逢えました。
今回は19歳の役でちょっと無理・・・があるかな(^_^;
とは思いましたが、きれいな女優さんです~好みです。

 『私の頭の中の消しゴム』
2005年09月14日 (水) | 編集 |
4a29cd41.jpg『私の頭の中の消しゴム』
試写会 九段会館 9/14 ★★★★

2004年/韓国/上映時間117分

監督・脚本:イ・ジェハン
出演者:チョン・ウソン/ソン・イェジン
「死より切ない別れがある」

無愛想な大工チョルスと、純粋さが魅力の社長令嬢スジン。2人は運命のように愛しあい結ばれる。夫のお弁当におかずを入れ忘れたり、自分の家を探せずに道に迷ってしまうような、おっちょこちょいな妻スジン。彼女の物忘れは益々深刻になっていく。不安を覚え病院を訪ねたスジンは、自分が「若年性アルツハイマー」であるという事実を知る。


日本のテレビドラマ「Pure Soul~君が僕を忘れても~」のリメイク
この日の試写会には、原作者の方が登場。
韓国でリメイクになったときの話などお話しくださいました。

とってもきれいな話にまとめられているな~という感じ、
患者の家族の苦労というか、そういうのあまり描いていません。
きれいなところ取りです。
でも、これはこれで美しく切ないラブストーリーってことでいいのかな。
主演2人も美しいし(^^)


ところで、

最近物忘れが激しい私。

お風呂に入っていて、
気付くと顔を洗っている(顔は一番最後に洗うの)
あれ、、、身体って洗ったっけ?

・・・・・・・・・

全然覚えがない

お風呂に限らずそんなことが続く今日この頃。


やばいかも(-_-;)

 『チャーリーとチョコレート工場』
2005年09月13日 (火) | 編集 |
b302381c.jpg『チャーリーとチョコレート工場』
イクスピアリ  ★★★★

2005年/アメリカ/上映時間115分


監督:ティム・バートン
出演者:ジョニー・デップ/フレディ・ハイモア/ヘレナ・ボナム=カーター/クリストファー・リー/ミッシー・パイル/デヴィッド・ケリー/ノア・テイラー

両親と両祖父母と一緒に、傾いた家で細々と健気に暮らすチャーリー少年。
彼の楽しみは、年に一度、誕生日だけに買ってもらえる“ウォンカ”印のチョコレート。
ある日のこと、チョコレート工場に5人の子供を招待する!とウォンカ氏が発表。
チャーリーはその幸運な5人の中……。

ジョニー・デップ、白塗りのお顔でも素敵です♪
いや~~いいですねぇこの方(はーと)

ウォンカ氏、顔が笑っているのに目が笑っていない、
変人を苦もなく演じてしてしまうジョニ・デ。

それにしても、チャーリーがゴールデンチケットを手にする方法が、
ちょっとこれありかい?と思ってしまったのですが。
こんな感じで、どうも子どもの教育的には良くない映画かもしれません。
チャーリー以外の子どもたちの憎々しげさも(^^;

そして、ウンパルンパ、いいですね~~みんな同じ顔ってのは(笑)
濃すぎてこの映画にぴったりでした。

 『ビー・クール』
2005年09月08日 (木) | 編集 |
2344c203.jpg『ビー・クール』 イクスピアリ  ★★★

2005年/アメリカ/上映時間120分


監督:F・ゲイリー・グレイ
出演者:ジョン・トラボルタ/ユマ・サーマン
インディーズ・レーベルを経営する友人トミーが、リンダという無名のシンガーを一緒に売り出そう、と話を持ちかける。ところが、トミーはロシア・マフィアに射殺されてしまう。そこでチリは彼の妻イーディと共にリンダのマネージメントに乗り出すことに。


ザ・ロック、「スコーピオン・キング」のイメージがいつまでも頭に残っているので、
今回のこれ、本人だと全然気付かなかった(^_^;
おかしすぎる。
めちゃ、いい味だしてますね~変な張り切り方が最高です。

映画のほうは・・・

ロシア・マフィアとかいろいろピンチの場面も出てくるんですが、
クールという題名のせいなのか、
拳銃を向けられても、全然ピンチに見えないんですよね。
どきどき感全然なかったぞ。

クールな映画だからそれでいいのかな(^_^;

 『サマータイムマシン・ブルース』
2005年09月07日 (水) | 編集 |
d5153022.jpg『サマータイムマシン・ブルース』
イクスピアリ  ★★★

2005年/日本/上映時間107分


監督:本広克行
出演者:瑛太/上野樹里/与座嘉秋/川岡大次郎/佐々木蔵之介 

「SF研究会」の面々は、大切な部室のクーラーのリモコンを壊してしまう。翌日、いつものようにメンバーが部室を訪れると、そこにはタイムマシンが。「とりあえず昨日に戻って、壊す前のリモコンを持って来よう」と、部員たちは軽いノリでマシンに乗り込むが・・・?!


卵が先かニワトリが先か、そんなことをつい思ったりもして・・・

スケールの小ささに、ばかばかしさが、
結構ツボの映画でした。

 NANA(マンガ)
2005年09月06日 (火) | 編集 |
4cee0f5b.jpgということで(^^;

映画に触発されて、
『NANA』のコミック13巻読みました。
はまるな、こりゃ。


映画、マンガに忠実でした、原作の再現そのもの。
原作を読んでしまったがゆえに、
キャスト、ちょっと違うな~という人がでてきました(^^;

まぁいいっか。

707号室はセットですか?
セットですよね。
でも、あのマンションは実在するんですよね?
すごいな~~。


しかし・・・

ラストがとても気になりますね、
ハチとナナの途中途中のモノローグ
思わせぶりでいや~ん。

将来、良くないことが起きるのでしょうか(>_<)

 NANA(映画)
2005年09月05日 (月) | 編集 |
14d3b329.jpg『NANA』 イクスピアリ 9/5 ★★★★★

2005年/日本/上映時間114分

矢沢あいのコミックの映画化。

監督:大谷健太郎
出演者:中島美嘉/宮崎あおい/成宮寛貴/平岡祐太/丸山智己/松山ケンイチ/玉山鉄二/松田龍平
小松奈々は、彼氏と一緒にいたいがために東京へやってきた。大崎ナナは、歌で成功したい夢を抱えて東京へやってきた。新幹線の隣同士に座った2人の「ナナ」は、偶然、引越し先の部屋で鉢合わせし、一緒に暮らすことになる。趣味も性格も正反対の2人の共同生活が始まった。

コミックは読んだことはありませんでした、
評判がよかったので観に行った作品。

で、面白かった~~!
原作ファンの方は、誰それがイメージ違うということもあるかと思いますが、
もともと知らないんだからそういうこともなく、
ただ、与えられたものを、こういうものだと観れたのは幸せだったかも。

衣装も美術もすばらしいし、
ハチもかわいい~ああいう子好みかも。
なによりもナナの歌、レイラさんの歌が、かなり素晴らしいかった。
ゾクゾクっとしてしまいました。

 ランド・オブ・ザ・デッド
2005年09月01日 (木) | 編集 |
646c5c97.jpg

『ランド・オブ・ザ・デッド』 

2005年/アメリカ・カナダ・フランス/上映時間93分

イクスピアリ 9/1 ★★★★

監督・脚本:ジョージ・A・ロメロ

出演者:サイモン・ベイカー/アーシア・アルジェント/ジョン・レグイザモ/デニス・ホッパー


ゾンビに支配された近未来の地球。人類のほとんどはゾンビに襲われて、生ける屍と化していた。しかし、なんとか彼らの襲撃をかわして生き残った人間も、わずかながら存在した。彼らは、川と川の間にある土地に高電圧フェンスで守られた要塞都市を築き、ゾンビにおびえながら毎日を送っていた。

私はホラーの中では幽霊関係は絶対見ませんが、ホラーと言われているものでも、心理ホラーとかスプラッタホラーとはか結構好きです。このゾンビものはどこに属すのかな~と思いながら(私的には今までは幽霊だったので苦手)、巷の面白かったという声に思わず観てしまいました。

で、わりあい面白い。

今までのゾンビ像はただ本能のまま、人間を襲うだけだったけど、この映画では知能を持ち、リーダーまでできる。うーーん、怖いだけじゃないです。でも知能持ったゾンビは怖いです(^^; 

しっかし、なんでゾンビリーダー(なのか?)あんなに人間臭いんでしょう。



 容疑者 室井慎次
2005年09月01日 (木) | 編集 |
36878cef.jpg

『容疑者 室井慎次』 イクスピアリ 8/31 ★★★

2005年/日本/上映時間117分

監督・脚本:君塚良一
製作:亀山千広

出演者:柳葉敏郎/田中麗奈/哀川翔/八嶋智人/真矢みき/筧利夫

 

 

 


自らが指揮をとった殺人事件の捜査責任をとらされ、逮捕された警視庁・室井管理官。容疑者となった室井を救おうと弁護士の小原が手を尽くし、室井の捜査姿勢に心動かされた新宿北署の現場の刑事・工藤らも事件の真相を追うが、警察庁と警視庁の確執が絡み、さらに室井の過去が明らかになることで、事態は最悪の状況になってしまう。

「踊る大捜査線」スピン・オフ第2弾の今作。
第1弾の「交渉人 真下正義」は、結構派手で踊るテイスト満載だったので、かなり面白かったので、今回はどんな映画に仕上がっているのか楽しみでしたが地味でした。でも、踊る~ファンとしては、あの踊る~の雰囲気がちょっとでもあれば満足なのです(^^) 

しっかし室井さん無口すぎ(笑)



 シンデレラマン
2005年09月01日 (木) | 編集 |
754a1a2a.jpg

『シンデレラマン』 試写会/九段会館8/26 ★★★★

2005年/アメリカ/上映時間144分 

監督:ロン・ハワード

出演者:ラッセル・クロウ/レネー・ゼルウィガー/ポール・ジアマッティ


大恐慌時代のアメリカ。実在し、人々から“シンデレラマン”と呼ばれたボクサー、ジム・ブラドックは次期チャンピオンと目されていた。だが、右手を故障し、勝利に見放された彼は、ライセンスを剥奪されてしまう。失業者となり、日雇いの肉体労働に就けることすら難しい日々。困窮の中、彼が守りたかったのは愛する家族だけだった。そんなとき、かつてのマネージャーから一夜限りの試合復帰を持ちかけられる。

ボクシングシーンの迫力はすごい、これは家族を守りたいという強い思いの表れなのですね。どんなに打たれても打たれても倒れない。その意地のような強さに感動を覚えてしまいました。

そして、奥さんが生活が苦しくて3人の子どもを預けてしまった時に、プライドも何もかもかなぐり捨てて、絶対に行きたくない場所だと思うところに、お金を無心にいくところなど、ボクシング以上に強さと家族愛を感じてしまった私です。そして奥さんもできた人だな~。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。