スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 千夏へ皮下輸液
2008年04月29日 (火) | 編集 |
chi0429.jpg


千夏の腎臓病が悪化。

まったく食事を取らなくなって、水ばかり飲む、
4月15日、2度目の2泊3日の入院。その間ずっと点滴。
入院費は、16,000円ほど。

千夏にとって入院はストレスも大きい、ということで、通いで点滴をすることになる。
朝預けて夜引き取り。1日3,000円ほど。

その後、毎日通うのも大変なので、家で「点滴」の変わりに「皮下輸液」をすることになった。
1週間分で再診療・検査代・薬等入れて6,000円ほど

「皮下輸液」その名の通り、猫の背中の皮のだぶついているところに針をさして、
そこに輸液を入れ込みます。
皮下に余裕があるので、結構大量の液体を入れることができるのです。
おもに脱水症状を防ぐための水分の補給のために行ないます。


【輸液セット】
yue1.jpg



前準備として、輸液を少しレンジでチンして、体に入った時に「冷たい!」と感じないようにする。


【これに輸液を入れる】
yue2.jpg

yue3.jpg


【針】
yue4.jpg


yue5.jpg
いま、これを2本(>_<)


【千夏に輸液中】
yue6.jpg


【終了後、ご機嫌斜めな千夏】
china29.jpg


その後・・・
やっぱり食欲がまったくなく、体重が3.56キロから、3.26キロに1週間で落ちる(>_<)
輸液が1本(60㏄)だったのが2本(120cc)に増えた。
再診料と輸液代 8,000円強

その後も食欲がまったくない状態。
本当はいけないんだけど、体力が落ちる一方なので、先生から許可をいただいて、
腎臓には悪いというたんぱく質が多く含まれる食べ物などをあげてみる。
ささみはすこし食べてくれた、刺身用のアジを焼いたけど、これは食べてくれない。
猫用の食事は口もつけてくれない。
大好きなかつおぶしも顔をそむける。

栄養がまったく取れてないので、「ニュートリスタット」というペットサプリメントを、
お店から購入してきてあげている。
でも、どんどん弱っているのよね(;_;)

スポンサーサイト

 ブログお引越し
2008年04月29日 (火) | 編集 |
snap_sigram_200842215320.jpg

「ねこだけ!」から、こちらにお引越ししようか迷っている。

ねこだけ!は使いやすくて、容量無制限だし、宣伝が記事下に入らないし、
とっても気に入っていたんだけど、携帯から見れないっていうのが難点だし、
ペットブログなので、猫以外の記事が多くなってきたので、ちょっと肩身も狭くなって。

あと、ちょっと前に、サポートのお問い合わせのメールをしたときに、
メール文読んでないだろ~~というような、通り一遍の返事しかこなかった。
質問にまったく答えてくれてないのよね。
忙しいのはわかるけど、いくらなんてもあの返事にはあきれてしまった。

どこにお引越ししようかと迷ったのですが、
「ライブドア」実は2つすでに持っているので、そちらにしようかな・・・
と思ったのだけど、記事下に宣伝入るし。
FC2にしてみました(また変更しちゃうかもだけど)

まだまったく使い方がわからないので、画像の大きさ配置もうまく設定できず。
大手は、日記のお引越しができるからいいですね~。
レスはお引越ししてこれなかったけど。
ねこだけ!はマイナーなので、お引越しできなかったです。
1つ1つ手作業するしかないかしら。それはいつになることやら。



 銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~
2008年04月24日 (木) | 編集 |
sushi.jpg



「銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~」

2008年/日本/114分
監督・原案: 堤幸彦
出演:堂本光一/中丸雄一/釈由美子/太田莉菜/伊原剛志/北大路欣也
会場:シネマイクスピアリ

あらすじ:一度はスシ職人の道を捨て琉球唐手の達人を志した米寿司(堂本光一)だったが、唐手の道はスシの道、スシの握りは拳の握りであり、寿司を極めずして武道の神髄はつかめないということを悟る。司は全世界に広がる日本のスシの極意を求めてニューヨークへと渡り、日本人の信念と誇りを賭けて異文化の中、スシバトルを繰り広げる。


久しぶり(半月ぶり?もっとぶり?)の映画でした。
今月はまだ1回も試写会行ってないし、
いや~~なんでここのところこんなにも時間なかったのか、不思議だ。

久しぶりの映画だったので、見たいものがたくさんありました。
その中でこの映画を選んだのは、
何も考えずに楽しく映画館を後にできそうだったから。
後味の悪いのとか、難しいのとかは、厳しいときってありますものね。

そして、チョイス大成功!
いや~~面白かった\(^o^)/

私はドラマでやってたときは、1度も見たことはないので、
ちょっと心配はしてたんですが、一見さんでも大丈夫みたい。
あまりにもくだらなくて、おバカすぎて(笑)
オーバーアクションに小ネタ満載なところに大満足。
そして、出演者のみなさんもいいですね。
みなさんおバカなことを大真面目にやっているの。
つぼりました。
はい、面白かったデス。


映画が終わってでたら・・・
どこかで「理子さん」と呼ぶ声が。
地元で私を「理子」と呼ぶ人は誰?と思ったら、
Mったん(伏字になってないって)でした(^^)
次回のスシ王子を観に来たんですって~。
それにしてもすっごい偶然。
ひさしぶりだったね♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。