FC2ブログ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 京都3日目
2008年05月28日 (水) | 編集 |


【仁和寺 仁王門】


今日は、駅に向かおうと思っていたところに、
自転車レンタルの車がいて、思わず借りてしまいました。
京都はバスが発達しているとはいえ、いくつかまわろうと思うと、
時間のロスにもなるし・・・
それが面倒くさい私は、結構歩いたりしちゃうし。
問題は、私が方向音痴だということだけ。

二条城
高校の修学旅行でいったと思う(なんとなく行ったような・・・)
修学旅行の季節ですね、たくさんの小・中・高(?)の生徒さんたちがいました。
二の丸御殿では、アナウンスボタンがあり、しっかり説明を聞くことができ良かったわ。
庭も美しかったです。
※家康が京都にきたときの宿泊所。最後の将軍慶喜のときに、二の丸御殿大広間で大政奉還が行なわれた。

晴明神社
※平安時代、最も有名な陰陽師"安倍晴明"を祀る神社。

一条戻橋
※現在は、晴明神社に。
橋の下に、自分の意のままに操ることのできる式神を住まわせていたという伝説が残っている。

北野天満宮
※学問の神様菅原道真を主祭神とし、相殿に中将殿(道真の長子・高視)と吉祥女(道真の正室)を祀る。

妙心寺(みょうしんじ)
とても広いところでした、法堂(はっとう)の天井には、構想3年作成5年、計8年費やした、狩野探幽の筆による雲龍図(立ち位置によって眼が動く、八方にらみの龍)、最古の鐘などがあります。
かなり圧倒される絵。前日、天龍寺で龍がみれなかったのでよけいにうれしかった(^^)
他に“退蔵院”の庭がよい、池&庭を見ながらしばしまったり。
※臨済宗妙心寺派大本山の寺院。境内十二万余坪。
日本にある臨済宗寺院約6,000寺のうち、約3,500か寺を妙心寺派で占める。
46(?49?)の塔頭があり、多くの重要文化財や史跡・名勝指定の庭園・寺宝が保存されている。
龍安寺もそのひとつ。

仁和寺(にんなじ)
今回の京都は、ここにはぜひ行きたい!と思っていたところ。
仁王門がみたかったのです。他に、五重の塔も美しいし、庭も素晴らしかった。
※仁和4年(888)に宇多天皇によって創建された、真言宗御室派総本山の寺院。

本当はここで移動して、今日の〆で、建仁寺でまた龍をみて、お庭をみてまったりして帰ろうと思ったんだけど、どうも移動しているうちに拝観受付が終わってしまいそうな時間になっちゃったので、仁和寺から近い、“龍安寺”と“金閣寺”に行きました。
この二つは、龍安寺は数年前、金閣寺は昨年行ったので今回は行く予定ではなかったのですが。

最後、金閣寺から帰る時に、京都駅の方向がわからず、
何人かに聞きながら帰ってきたのですが、「京都駅! 遠いですよ、遠いですよ!!」
と何度か言われたのですが・・・そんなに遠くないて。

バスで行った時は遠く感じたけど、自転車で直に帰っても1時間もかからなかったような。途中でわからなくて立ち止まること数度あっての、この時間ですからね。それに観光客は、自転車でまわる人おおいし、このくらいはびっくりされるようなことでもないと思う。
京都は盆地だから、坂があまりないのがいいですね~。

今日まわったところは広いところばかりで、自転車を降りてかなり歩きました。
自転車での問題点。
方向がわからなくなる。妙心寺では、あまりにも広かったせいで、どこに自転車を置いたかしばし迷ってしまった。

地図を読まずに走っていたとき、ユーミンの“ナビゲーター”がずっと口についてでてました(^^;)
数日前に、ユーミンしか歌ってはいけないカラオケをしたからかな。

一度ホテルに帰ってから、夜の新京極がみたくて出かけたのですが、
でもでも、うーーーん。
修学旅行で夜出歩いた景色じゃない・・・違う場所なのかな。
ということで、最後ちょっと移動して、祇園を歩いてから(意味なく)帰ってきました。
スポンサーサイト

 京都二日目
2008年05月27日 (火) | 編集 |


 【祇王寺(ぎおうじ)】 



一日目は大原で三千院と寂光院へ
ずっと行きたかった場所なので(京都~大原三千院、恋に疲れた女がひとり~の歌で)
やっと念願かなってうれしい。そして新緑がとても美しかった。

夜は京都駅近くの町屋風、創作日本料理。
ここ、名前忘れた、とても美味しかったわ。

二日目は、
まずは太秦で「広興寺」国宝第一号の弥勒菩薩のお寺
※弥勒はゴータマ・シッダッタ(釈迦牟尼仏、現在仏)の次にブッダとなることが約束された菩薩で、ゴータマ・シッダッタの入滅後56億7千万年後の未来に姿をあらわし多くの人々を救済するとされる。

嵐電で嵐山へ。

まずは「天龍寺」
ここで龍の天井絵を見るのを楽しみにしてたのだけど、
なんと土・日・祝だけしかみれないとのこと(もっとちゃんと調べようよ自分・・・)
※後醍醐天皇を供養するために、1339年に足利尊氏が建立した寺。

「野宮神宮」
※天皇の代理で伊勢神宮にお仕えする斎王が、伊勢へ行かれる前に身を清められたところ。
光源氏と六条御息所との別れの舞台として登場。でも縁結びの神様。

「清涼寺」
※光源氏のモデルといわれる源融の別荘だったお寺。
中深く見せてくれたところでした。裏のお庭を眺めながらまったり。

「常寂光寺(じょうじゃっこうじ)」
※日蓮宗の寺。本尊は十界大曼荼羅。
階段がたくさんある。多宝塔まであがると嵯峨野の景色がみえました。

「二尊院(にそんいん)」
※天台宗の寺院。二尊院の名は、本尊の「発遣の釈迦」と「来迎の阿弥陀」の二如来像による。

「祇王寺(ぎおうじ)」
※往生院は法然上人の門弟良鎮に依って創められたと伝えられ、山上山下に亘って広い地域を占めていたが、いつの間にか荒廃して、
ささやかな尼寺として残り、後に祇王寺と呼ばれる様になった。
平清盛と二人の女性の哀れな物語が伝わるお寺。
その物語は、説明テープで聞くことができる。
小さなお寺だけど、苔の庭が美しくなかなかよいところ。
白猫ちゃんもいました(^^)

「大覚寺」
※嵯峨天皇の信任を得ていた空海が、離宮内に五大明王を安置する堂を建て、修法を行ったのが起源とされる。
嵯峨天皇が死去してから30数年後の876年、皇女の正子内親王(淳和天皇皇后)が離宮を寺に改めたのが大覚寺。
かなり広い。回廊をいく大沢池も見ることができる。

結構歩きました~楽しかった(^^)

夜は、京都まで来て自然食バイキングで食べ放題。
おばんざいが美味しかった~。

さて、明日はどこへ行きましょう。

 京都です(^^)
2008年05月25日 (日) | 編集 |
今日から京都きてます、
雨降っていなくてよかった。
これから大原方面へ。

 リフレッシュ休暇
2008年05月17日 (土) | 編集 |
tubusu.jpg


夫は今日からリフレッシュ休暇で、明日から台湾に行きます。
(新婚旅行以来の海外らしい、私もあれから行ってないけど)

そして、私は夫が帰ってきてから、京都の旅~~
楽しみ♪

その後、私と入れ違いで、夫は奈良の旅。
私の京都最終日だけ、奈良に行く夫とダブるので、
銀閣寺・詩仙堂・下賀茂神社に行く予定。

こう書くとすごーく豪遊(・・・にはちょっとしょぼい?)ですね(笑)
会社から2週間のお休みと15万(かな?)でるそうな。

画像は、ラムダがミューの顔をつぶしているところ。
動画は、つぶされたミューが怒ってラムダに、
教育的指導をしているところ。

千夏は、今日退院してきましたが、1週間何も食べていないの。
帰って来ても食べないし。でも、入院させておくのもかわいそうだし。
いつのまにか末期になってしまったようで。




 千夏の入院と名古屋と
2008年05月16日 (金) | 編集 |
nago.jpg


またですか?

って感じですが、また千夏が入院しちゃいました・・・がっくり
ご飯たべないから、また体重が減って2.9キロ。
とうとう3キロ切ってしまった・・・
今年の始めは4.2キロあったというのにorz


さて、話は飛んで、
10日11日と名古屋でした。
10日にウィルあいちで、名古屋のイベントを行ないました。
イベント告知がうまくいかなくって、
なかなか人が集まらなかったときはちょっと青くなりましたが、
なんとかなんとか行うことができ、無事終わりほっとしています(^^)
自分自身とても楽しかったし。

参加をしてくださったみなさま、ありがとうございましたLOVE

宿泊は、イベントを行なったウィルあいちの宿泊施設に泊まったのですが、
ここ、安くてそして普通のビジネスホテルとほとんど変わらない、というかまったくそのもの。
(壁がちょっとうすいような気はしたけど)
きれいなところだし、ここいいわ~~摂

 まんまる
2008年05月04日 (日) | 編集 |


まんまるミュー


ミューとても丸い
お顔も丸い
体も丸い
腕も丸い
猫手も丸い

性格は・・・そうでもない


今日は千夏の病院。
数値を測ったところ、まだまだ高いけど、
一時の値から比べれば下がってきてほっ。

尿素窒素、普通が17.6~32.8なのに、
一番悪い時には161.1あったの、今日は70.8

クレアチニンは、普通は0.8~1.8
それが一番悪い時は、10.3、今日は5.8

皮下輸液を2本に増やしたおかげか、だいぶ下がってきたのでやれやれです。
食欲は・・・
ちょっとしかないけど、まったく食べなかったこともあったので、
少しでも食べてくれるのでまぁいいかな~。

体重は3.25キロ、現状維持
金額は、輸液2週間分、再診療、採血料で、12117円

 ちょっと前の千夏
2008年05月01日 (木) | 編集 |
IMG_4846_convert_20080501004026.jpg

【アメショー軍団と千夏】


シグマがでかいのは当たり前として、
ほんとにちょっと前まで、千夏も普通(ちょっとおデブ)だったのにな~。
最近は、声も弱弱しいというか・・・でなくなっている。

保護をした当時を思い出す。
どろどろのぐちゃぐちゃで、まっくろけな仔猫だった。
伝染病にかかっていたそうで、鳴いてもまったく声がでなかった。
つい、そんなことを思い出してしまったよ。
あの時のように、元気に復活!してほしい。

↓は、今年のお正月、夫実家にて
<なっちゃんこりょん動画>




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。