スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「第22回 リアルサンプリングプロモーション in 浦安」
2009年04月15日 (水) | 編集 |
サンプル百貨店の「リアルサンプリングプロモーション」
今度は、新浦安で開催されます。
地元です!

この日は、スタッフミーティングのためにあきらめて今日まできましたが・・・、

あああ、そっか!!!

OLの部に参加すればいいのか、と先ほど気づき(汗)
ぎりぎりですが応募をします。
なかなか当たらないのですが、今回は地元ですのでぜひ参加したい^^

日時:5月8日  OLの部 18時開場 19時開始
場所:浦安ブライトンホテル(千葉・浦安)

RSPとは?
各メーカーの担当者の方が、商品開発への思いや商品開発秘話などを、
プレゼンしてくださいます。
たくさんのサンプル(商品)を試すことができるので、
保守的な私には(いつも同じものしか買わない・・・)
とっても画期的な商品と出会えるチャンスとなっています^^


スポンサーサイト

 ライオン ニオイをとる砂 香りプラス
2009年04月15日 (水) | 編集 |


モラタメさんからの、ペットモニター、第二弾は、
ライオン商事株式会社さんの【ニオイをとる砂 香りプラス

何種類か試した結果、私はここ何年もずっと【ニオイをとる砂】使用者です。
ゴミ捨てには楽な、おからやひのきや紙は、どうもにおいやら固まりなどがいまいちで、
鉱物はゴミ出しに困って・・・

しかし、この【ニオイをとる砂】は、固まるし燃えるゴミで出せるし←とっても重要!
とってもよいのです^^

今までもとっても気に入って使用していたのですが、
今回、縁があって【ニオイをとる砂 香りプラス フローラルソープの香り 】
をモニターさせていただくことになりました。

ひとことで、最強です。

袋をあけた瞬間に、フローラルソープの香りが。
(他のモニターさんのブログをみると匂いがないと書かれていますが、
 私はあけた瞬間に、香りは感じました)

さすがライオンさんです、
このフローラルソープの香り、とってもいい香り。

何がよいかって、トイレ掃除をするたびに、
フローラルソープの香りがするのです、
これが何度も書くけど、ほんとにいい匂い。
しばらく使っていると、猫砂って臭くなってしまうんだけど、
この猫砂は最後まで(総とっかえするまで)、フローラルソープの香りを楽しめました。

「香りのハーモナイズド技術」で、イヤなニオイを爽やかな香りにチェンジしてくれるんですって。
ハーモナイズド技術とは・・・
香りと悪臭をうまく調和させて、悪臭を別の香りに変化させること。オシッコやうんちのニオイを、爽やかな香りに変えて消臭。

これってすごいことです。
最後までなんって。
やっぱりにゃんこの尿って、独特の臭さがあるんですもの。
使用中はトイレ掃除が楽しかったです。

suna1.jpg
モニター品、届きました!
さっそくかんながチェックにきました。

suna2.jpg
かんな:まちきれません・・・
理:かんな! ここでちっこしないでね!!

sina3.jpg
かんな:早く設置してください!
かんなにせっつかれました。

suna5.jpg
入れたと同時に、かんなはさっそくいたしました。

suna3.jpg
固まりも上々(おちっこ画像、失礼しました)
こんな風におしっこを固めてくれるんですよ。


動画:かんなのお手伝い(砂運び編)

砂運び



 しゃわ~ん
2009年04月07日 (火) | 編集 |
シグマのシャワー水飲み動画



シャワー猫


 軽井沢
2009年04月06日 (月) | 編集 |
asami1.jpg
【浅見光彦倶楽部 外観】


asami4.jpg
【ステンドグラス】

asami2.jpg
【展示の一部】

asami3.jpg
【2階より撮影】

mei.jpg
【軽井沢の芽衣】
冬季休業から目覚めたばかりの芽衣。
まだ色がない。
これからの季節、森の緑、花壇の花が楽しませてくれる。

軽井沢には、年10回近く(越えることもあるけど)行きますが、
上の2カ所以外は知らない私・・・(^^;



 『鴨川ホルモー』@試写会
2009年04月01日 (水) | 編集 |
kamo.jpg

原作は、万城目学さん。
大好きだったTVドラマ「鹿男あをによし」と同じ原作者の映画、
『鴨川ホルモー』
どんな映画かとあまりわからずに行ったのですが、
(実をいうと、京都の鴨川ではなく、千葉の鴨川だと思っていた私。
 ほれ、木更津キャッツアイとかもあったでしょ)
面白かった。これかなり大はまりしました。
笑ったわらった、大笑いしました。
会場、最後拍手がおこりました。

京都のあちこちが映るのですが、
あ、あそこだ! と結構知っているところが出てきて、
また京都行きたい病が加速しそうです。
(5月に行く予定なんですけどね)

万城目学さんの本って、「鹿男~」の時もそうだったけど、
独特の世界観がありますよね。
考えると、もうほんっとにバカみたいな話なんだけど、
それをみんなが大真面目に、一生懸命演じているので、
映画(ドラマも!)自体が、ものすごく素晴らしいものになっているような気がします。

でも、観る方が斜め見していたら、楽しめない世界だと思いますが。

この映画には、ちいっちゃい“オニ”がたくさん出てくるのですが(CGね)、
きもかわでしたわ。
これも原作買っちゃいました^^

2009年 / 日本/上映時間: 1時間53分
監督: 本木克英
原作: 万城目学
キャスト:山田孝之/栗山千明/濱田岳/石田卓也/芦名星
斉藤祥太/斉藤慶太/荒川良々/石橋蓮司他

あらすじ: 二浪した後、念願の京都大学に入学した安倍(山田孝之)は、一目ぼれした早良京子(芦名星)の存在が決め手となり「京大青竜会」というサークルに入部する。安倍はここをレジャーサークルか何かだと思っていた。しかし、実態は京都に千年伝わる競技、“ホルモー”のサークルだった。


 『トワイライト ―初恋―』@試写会
2009年04月01日 (水) | 編集 |
twi.jpg

一日に何回観るだろうか、宣伝。
今もちょうどTVでCM流れましたが、
「あなたにかまれたい」って、やめて、気持ち悪いっ!!!

2008年/アメリカ/上映時間: 2時間2分
試写会:よみうりホール

今どきの女子高生とは違う、内気で風変わりなベラ(クリステン・スチュワート)。母親の再婚を機に父と暮らすことにしたベラは、転入先で美少年のエドワード(ロバート・パティンソン)と出会う。知的で謎めいたエドワードに惹かれていくベラだったが、彼は1918年から年を取っていない不死のバンパイアだった……。

ステファニー・メイヤーの『トワイライト』
世界的ベストセラー小説を映画化したラブストーリー。
人間の女子高生ベラと美しきバンパイア、エドワードの禁断の恋の物語の映画化。
この本のこと、知らなかったのですが、映画を見た後に購入しました。
で、原作を購入したってことは、はい、とっても映画面白かったんです。

でもね、原作では、ヴァンパイアのみなさま、美しすぎるのですが、
まぁ映画の方はそれほどでもないのですが、そこは仕方がないですね(^^;

「ある日、誰も手が届かない美少年、エドワードに出会う」
という最初の部分なのですが、その場面、ちょっと気持ち悪かったの、
だってね、顔を白くしてるのが・・・・化粧に失敗したみたいだったんだもの。
その誰も手の届かないほどの美少年エドワードの役は、
ハリポタで、ハリーのライバル役のセドリックを演じた方。
みているうちに、最初の気持ち悪さはなくなりました。まぁまぁだと思います。
ベラ役のクリステン・スチュワートは、
等身大の年齢の役で、とっても自然だし、とってもとってもかわいくて^^

原作を読んで思いましたが、キャラクターがしっかりしています。
映画は2時間ですから、そこまでキャラクター立ちはしていませんでしたが、
2時間飽きることがまったくなく、時間がすぎるのが早かったです。
そして、なぜかなぜか「プライドと偏見(高慢と偏見)」を思い出しました。
原作を読んでわかったのですが、この本のことがでてくるの、
ベラが気に入っていて読んでいるのですが、
原作者も好きなんでしょうね。だから映画を観ていて思い出したんでしょうね。
「高慢と偏見」私も大好きなのですが。

映像も、架空の町、一年中雨と霧に包まれた町ワシントン州フォークス。
この物語の舞台設定にぴったりでムードありましたし、音楽もなかなか。

ちなみに、私、映画の中で、ラブストーリーはあまり好みではないのです。
観ていて、となぜか観ている自分がはずかしくなって、
おぞぞが走ったりするので(^^;
でも、これは大丈夫だったわ、お尻がもぞもぞしたけど。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。